2019年05月31日

プールの事故を設定した訓練 幼児

 プール遊びが来月から始まるにあたって、子どもがいる状態で事故が起きたときにどのように動くか
園児の保護者で京都市の救急隊員でもいらっしゃるお母さんにも訓練に参加していただき、職員も子どもも
指導していただきました。

 まずゆり組の子どもがプール遊びをしている設定
DSCN0006.JPG

 おぼれた子をみつける
DSCN0008.JPG

 安全なところへ避難、処置
DSCN0014.JPG

 その間、子ども達を別の場所へ誘導
DSCN0011.JPG
DSCN0013.JPG

(園全体がとてもリアルに緊張が走った時間でした)
 救急隊員到着

 その後 プロジェクターを使って人の心臓や血液が送られる仕組みを子ども達の理解にあわせた説明と
映像と道具を使って教えていただきました。
DSCN0022.JPG

DSCN0025.JPG

みんな3歳児から5歳児 どの子も真剣にきいてます
DSCN0027.JPG

 胸骨圧迫の方法

DSCN0029.JPG
DSCN0030.JPG

心臓と血液の動きがわかる
DSCN0033.JPG

まず職員が実践
DSCN0039.JPG

子ども達が実践(ゆり・ばら)
DSCN0047.JPG

DSCN0043.JPG

DSCN0046.JPG
 幼児だから無理・・ではなく小さい頃から経験していることが大切とおっしゃっていました。
今日の訓練もただびっくりして過ごすのではなく子ども達に事前にどういう練習をいまからするのかを丁寧に説明して、もしも以前に事故を体験した子どもがいるとフラッシュバックしてつらいので、確認もすることも教えていただきました。

 また、一番いけないのは
   「知らん顔をすること!!」・・・とも。

 助けなければいけない人がいるのに自分は関係ないのではない・・と。

人として大切なことを、子どもも職員も沢山教えていただきました。

 子ども達にとって、職員にとって本当に実のある貴重な体験、勉強の時間でした
 
 とっきんのおかあさん ありがとうございました





posted by 村松保育園 at 12:36| 日記

2019年05月24日

涼を求めて(5歳ゆり組)

今日も 夏かな? と思うほどのいいお天気だったので
ゆり・ばらで霊法山の川へ遊びに行きましたぴかぴか(新しい)

川に入って遊ぶ子、川に入らずカニ・かえるを見つける子…
attachment00 (2).jpg

attachment00 (6).jpg

attachment00 (3).jpg

attachment00 (7).jpg


それぞれ夏 先取りで楽しみましたわーい(嬉しい顔)
attachment00 (1).jpg




posted by 村松保育園 at 14:42| 日記

2019年05月22日

おじいちゃん おばあちゃんとの集い(岩倉北社会福祉協議会協賛)

 今年も岩倉に住んでおられるおじいちゃんおばあちゃんと触れあう時間を、岩倉北社会福祉ご協力くださり、楽しく過ごすことが出来ました。
 協議会の方や園長からの挨拶のあと、ゆり組(年長児)ばら組(年中児)が「さんぽ」と「ありがとうの花」を歌い
DSCN9278.JPG
 おじいちゃんおばあちゃんたちは「富士山」「茶摘」を歌ってくださいました。
 一緒に「こいのぼり」も元気に歌いました!
DSCN9291.JPG
「てとてとてと」をうたいながら、触れ合い遊びをして保育園児からは、ゆり組は「兜」ばら組は「猫」を折り紙で作ってペンダントにしてプレゼントしました。
DSCN9294.JPG
 おじいいちゃんおばあちゃん達からは、手作り「コマ」を頂きました。

DSCN9296.JPG

 一年に一度ですが、とても温かい素敵時間を過ごさせていただきました。
社協の方々には毎年本当に御世話になっております。
どうぞ皆様、お元気でいつ7まも、その温かい笑顔を子ども達にみせてくださいねぴかぴか(新しい)

 
posted by 村松保育園 at 12:29| 日記